池上彰

「池上彰の総選挙ライブ」で「政界 悪魔の辞典」が面白いと話題に!2017年10月22日

「TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ」、2017年10月22日の19:50から放送されました。
選挙のたびに恒例になっている池上彰の選挙のライブ。今回も楽しく見てもらえるよう、更に凝った企画を用意されました。その名も「政界 悪魔の辞典」。今回はその内容についてまとめました。

「政界 悪魔の辞典」とは?

政界の用語を池上彰流にバッサバッサと切り込んだり、ブラックユーモアたっぷりに解説している辞典になっています。
オリジナルはアメリカで約100年以上前に出版された「悪魔の辞典」です。その辞典がヒットしたことにより、色々な分野の単語を再定義する「悪魔の辞典」が出回っています。
ネット上ではほしい!と話題になっています。発売されていないですが、池上彰の本の一部でも売りだされるといいですね!
表紙はハロウィーンをモチーフにして池上彰がコウモリをバックにマントを羽織ってちょっと悪そうな表情をしています。

どんな内容?

政界用語がコミカルに解説されています。

「総選挙」…政権選択選挙。AKB48のセンター選びの方が有名。
「希望」…失望までのつかの間の喜び。
「選挙ポスター」…勝敗を左右する重要なアイテム。修正しすぎると“別人”に…。
「みそぎ」…不祥事を起こしても選挙で勝てばチャラになる。
「公約」…投票前は多くの人に知ってほしい。選挙後は早く忘れてほしい。
「タレント候補」…当選後「これから勉強します」と決意。立候補する段階で勉強してほしい。

そういえば2016年7月10日の参院選で今井絵理子も「沖縄問題これから考えます」というコメントに池上彰も苦虫潰した表情になっていたような。

スポンサーリンク




その他の悪魔の辞典

各界から、たくさんの悪魔の辞典が出ているようです。下で紹介している以外にも、ことわざや経済用語もあります。結構ニーズがあるんですね。

<筒井版 悪魔の辞典>
「時をかける少女」でお馴染みの筒井康隆が「悪魔の辞典」を翻訳。過去の翻訳書が「ほんの少しのところで笑いに結びついていない」ということで、1000あまりの単語が並ぶ原書を9年の歳月をかけて訳したそう。内容はこんな感じでちょっとクスっと笑える内容ですが、英単語の学習にもなりそうです。

APPETITE【食欲|しょく‐よく】[名]
なぜおれは働かねばならんのか、という疑問の答えとして神があたえた本能。
EMOTION【感動|かん‐どう】[名]
心臓からの血流が多く頭へ行くために起きる衰弱。ときにはおびただしい塩化ナトリウムの水溶液を両眼から噴出する症状を伴う。

<昭和プロレス版 悪魔の辞典>
プロレス界でも「悪魔の辞典」が本が出ていました。

<ビジネス版 悪魔の辞典>
サラリーマンあるあるネタ…。
【源泉徴収】…サラリーマンに納税額を意識させないために発案された国の政策

まとめ

ハロウィーンと総選挙に興味を持ってもらえるような内容でうまくまとめられている辞典でした。
若い人たちにもわかりやすい内容で、興味を持ってもらえるように努力されていますね。
次回の「池上彰の総選挙ライブ」も楽しみです。