ホンマでっか!?TV

「ホンマでっか!?TV」どん底生活から復活できた人たち!2017年11月15日

「ホンマでっか!?TV」が2017年11月15日に放送されました。
今回のテーマは「人生なんとかなる!?どん底ホンマでっか!?」で、人生のどん底に落ちた評論家達が集まりました。

最高の野菜は?

全財産50円のホームレス評論家:岸田昌幸

年収1億円、資産2億円の社長だったのに、社員に5億円持ち逃げされたため
全財産わずか、50円になります。

行くところがなく、大阪の天王寺公園でホームレス生活をしました。

はじめの頃は食べる物がないため、先輩のホームレスから
腐りかけのバナナや、においがする弁当などを恵んでもらっていました。

他のホームレスからうどん屋の皿洗いの仕事を紹介してもらい、再起を図ります。
現在は企業支援コンサルタントを行っています。

「最高の野菜はネギ」

ホームレス時代、ネギの根を植えたところ、成長が早く体にも良いため
最高の食材だったそうです。
調理はできないので、成長したネギを生で食べていたとのことです。

もし無人島などで生活する場合は、ネギの根を持って行ったほうが良いそうです。
生のネギって辛そうですよね。

段ボールやビニールシートで家を造ってはいけない
「居着いてしまうから」
一度泊めてもらった岸田は、居心地が良すぎて抜け出せなくなると判断。
ベンチで寝るようにしたそうです。

スポンサーリンク

ギャンブル依存症から抜け出すためには?

親子三代ギャンブル依存評論家:田中紀子

祖父、父がギャンブル依存症で、自分もハマってしまったそうです。
現在はギャンブル依存症の人の相談、支援を行っています。

「ギャンブル依存症から抜け出すためには、資金源を断つ」

ギャンブルで借金を抱えると、家族や周りの人が尻拭いをしてくれがち。
それを繰り返すと自分の責任と向き合えません。

ギャンブル依存症から抜け出すためには、家族や周りの人が支援せず、資金源を断つこと。

本人が危機に直面化することで、ギャンブル依存症から抜け出すチャンスになることも。

ギャンブル依存症だった田中は、依存症の人を支援している人達に
毎日電話して話を聞いてもらっていたそうです。

ギャンブル依存症は、病気なので、専門の病院にかかることができます。
そこで医師に「依存症」と診断してもらったことで、病気なら治そうという気持ちに至ったようです。

病院に行かずに危ないところから借りてしまいそうですが…。どうなんでしょうか?

ギャンブル依存症で家庭内オレオレ詐欺をするケースも!
「財布を落とした」、「会社の経費を落とした」と言った鉄板ネタの嘘をつき、課さざるを得ない状況を作ります。

ギャンブル依存症の家族は、入浴時は通帳と財布をジップロックに入れて風呂に入る方が多いそうです。
そして、寝る時は、ウエストポーチの中に入れて、チャックをガムテープで補強して持って行かれないようにしています。

どん底の借金生活で追い込まれたら

親の負債40億円評論家:湯沢剛

親の会社を放棄できず、負債を背負ってしまったそうです。
父親が残した倒産寸前の会社を継ぎ、背負った借金が40億円。
16年間かけて会社を再生。神奈川県下で14店舗の飲食店を経営しています。

「追い込まれたら宇宙の写真集を見る」
宇宙に比べたら自分の悩んでいることが小さく感じるとのことです。

危険な物は子どものかばんに隠せ!?

最高で52発も殴られたDV夫評論家:田邊ゆかり
ご飯が柔らかいと言った些細な理由で、52発殴られたそうです。
結局離婚し、一人で子どもを育て、企業と人財育成コンサルタント、教育講師業をされているそうです。

「危険な物は子どものかばんに隠せ!?」
病院に運ばれる程殴られることもあったため、危機を感じて危ないものは隠そうとして考えたのが
子どもの幼稚園のかばんだそうです。

男性はほとんど、子どものかばんには触らないそうです。

DV夫は殴った後は絶対に優しくなるそうです。
あとで優しくなるのはDVの典型ですが、こどものかばんに隠すというのは意外でしたね。

「エリートこそDV夫になりやすい」
DVをする前は、仕事をバリバリする会社でエリート的存在でした。
しかし、ちょっとした挫折をきっかけに、人が変わったかのように
ズルズルと落ちていき、DV夫になったそうです。

物に執着する事には意味がない

夫蒸発評論家:菅井陽子
社長令嬢として生まれ、結婚相手も社長でした。
しかし、ある日夫が1億円の負債と、2人の子どもを残して失踪します。

親から受け継いだ土地と家を売却。社長令嬢だったため、生まれて初めて働き始めまたそうです。

昼夜問わず働き、1人で借金完済!
なんと…売却した家も取り戻すことができたそうです。

「物に執着する事には意味がない」
借金の取り立てで家具の差し押さえると言われたため、弟に相談したところ「持っていかれてもまた買い戻せる」と言われたそうです。

また、男ばかりの家屋の解体の仕事をしていたとき、毎日壊される家を見ていたら「家ってなんだろう?」、「あっ、(家は)物なんだ」と納得できたそうです。

まとめ

様々な境遇のどん底の評論家の方達でしたが、なんとか再起できて良かったです。
前向きに生きたいですね。